女性にも利用が可能|薄毛にはAGAクリニックが最適

メンズ

新しい治療薬

ドラッグ

偽造品を使わないためには

元々は前立腺肥大症の治療薬として開発されていた薬が、今では薄毛の薬として使用されています。それはザガーロと呼ばれる薬で、最近話題の男性型脱毛症、通称AGAに対する治療薬として注目をあつめるようになりました。前立腺の治療のため服用されていた薬ですが、副作用として毛が生える効果があるのが注目されていました。この副作用だけを上手く薄毛治療に活用したのがザガーロなのです。東京のAGA専門クリニックでも、この新薬を使うところは少なくありません。ザガーロは医薬品である以上、用法用量を守って使用する必要があります。自由診療で用いられる薬であるため薬の値段は医療機関ごとに異なりますが、東京のクリニックではなるべく安い値段で処方できるよう努力しているところがあります。通信販売や個人輸入で入手するケースもありますが、偽造品が多くあるとの指摘があるため、医師の処方箋のもとでザガーロを使用する必要があります。

DHTの生成を抑えます

AGAの新しい治療薬として、ザガーロが販売されました。そのため、東京のAGA専門クリニックでも処方してもらえるようになりました。ザガーロという薬は、AGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)という物質の生成を抑える作用によって男性型脱毛症を治療します。ジヒドロテストステロンを生成するには、5α還元酵素の働きが関係していますが、ザガーロはこの酵素を抑える働きがあります。通常の薄毛治療薬より強くジヒドロテストステロン生成が抑えられるため、高い効果が期待されています。東京にはAGAで悩んでいる人も少なくないので、この新しい薬に期待する人は多いでしょう。